tumblr_mqjge9C0MX1r3fix8o1_500

ストーリー公式あらすじ。

かつて、大異変が人類を襲った。

そして、時は流れ…。 夜明け直前の`空'を見上げる少年、エイジ。彼の住むアイガでは、「かつて、多くの罪びとが空に落ちた」と`空'を忌み嫌う世界であった。

そこに、突然現れた`サカサマの少女'。彼女は、必死にフェンスにしがみつき、今にも`空'に落ちそうである。彼女の名まえはパテマ。地下世界から降ってきた。

エイジが彼女を助けようと手を握った時、彼女に引っ張られるように二人は空へ飛び出した。恐怖に慄くパテマと、想像を超える体験に驚愕するエイジ。

この奇妙な出会いこそ、封じられた<真逆の世界>の謎を解く、禁断の事件であった。 その頃、アイガの君主イザムラの元には、「サカサマ人」があらわれたとの報告が届く。イザムラは、治安警察のジャクに捜索を命じるのだった…。

先日、吉浦康裕監督のイヴの時間というアニメを観て・・・・・正直・・・心に響かなかった・・かな?

イヴの時間はロボット(アンドロイド)と、人間との交流物で、最後若干じんわり心が、動いたが・・・・

もちろん、ロボットとの心の交流の作品が面白くないわけでは無い・・・人造人間キカイダーのミツコの機械であるジローへの恋心は、原作コミック・実写・アニメ版、どれもわかるような話で好きだわ(最近の実写版キカイダーはまだ、観てない)

さて、今回のイヴの時間と同監督のサカサマのパテマ・・・・別文明同士の人と人の交流物語はよくあるが・・・・・今回は重力も互いの世界でサカサマなのである。

主人公のパテマと、エイジは共に自分の世界と相手の場所では、重力が逆になる(これは、説明より観ていただいたほうが)

なので、上記公式写真のように、抱き合う事によってお互いの重力に逆い抑えなければならない。
(上の公式写真はエイジの世界・本来は↓こんな感じ)
tumblr_mqjge9C0MX1r3fix8o1_500 - コピー


重力が、逆なエイジの世界(パテマには空・上側が奈落の底のように落ちる)に、冒険がしたい、自分以外の世界が知りたいパテマは、ふっとした切欠で来てしまい、治安警察に追われるパテマ!

エイジはパテマと抱き合う事で、空へ飛びパテマを元の世界に帰そうとするが(実際はエイジ自身、自分の世界から逃げたかった)治安警察の重要キャラクターの放つネットランチャーで、パテマだけが捕まってしまう。
(このネットランチャーは、もう一回出てきてパテマとエイジを狙い放たれますが、その時のエイジの決意が素晴らしい!!)


パテマ救出に翻弄するエイジ!

治安警察からの逃走!

2人の愛すべき人の過去・・・・

演出も、どちらの重力が今正しいのか???と思わせるシーンが多々あり、逆に考えながらストーリーを追っていけて楽しいです。

互い違いに抱きしめあうシーンも、最後に向けて回数を得るたびに力強いものに変わっていくのが、良い!!

主人公のパテマ役・藤井ゆきよさん(公式見たら可愛い人)エイジ屋役・岡本信彦さん

2人の声優としての熱演も、またこの作品の評価を上げる最大のポイント!!



大空の演出も綺麗・・・・ボーイ・ミーツ・ガール・冒険する気持ち!!!


天空の城ラピュタを思わせる作品でした・・・・・・・・


また、俺の口が悪いから言うけど・・・・・最近のジブリ作品って・・・・・この作品やラピュタのような


冒険する



って観る人へのワクワク感を与える・・・・を忘れてる気がする・・・・・・・・

サカサマのパテマ、大作品・天空の城ラピュタには勝てないが、ここ最近のジブリ作品よりは面白いです!(断言!)

・・・・・・・・・・・やっぱり、本職の声優さんの長編作品は、観ていて安心できます(また、ジブリ批判か??)

発売・レンタルから若干時間も経ってますし、新作料金で一週間とかの店も出てきてます・・・・
413WFQDZnrL


イヴの時間も面白くないわけではないよ!!(これ注意・・・・)

先日、スルメアニメだよ・・・・と知人に(叱られた?)教えてもらった・・・・・何度も何度も観ると味が出て良いらしい・・・

食わず嫌いは(アニメでも)駄目だってさ・・・・・・・・




にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村